めまい

ひとつでも以下のような症状でお困りではないでしょうか?

・難聴(聴力低下)や耳鳴りのないめまい
・片側の聴力低下が徐々に進行し、時々ふらっとするめまいがある
・急な発症のめまい、吐き気や嘔吐をともなう
・ある方向を向くとめまいが生じる
・めまいに伴って頭痛、もしくは呂律がまわらない
・たちくらみ、立ち上がる時に生じやすい
・ふらつきがある
・ふわふわ、揺れている感じが続いている
・急な発症のめまいが少し落ち着いてきたが、まだふわふわ揺れている感じが残っている
・先行する風邪症状があり、その後に急なめまい発作が生じる

 めまいにはさまざまな原因により生じますが客観的な評価や検査において異常所見が現れにくい疾患です。しかし、一般に急な発症の3~5%は脳卒中(脳梗塞や脳出血)であると言われており、実際に軽度の場合は当院外来通院で治療をおこなったり、病状や検査結果によっては病院での治療となる場合もあります。
 脳卒中以外でも、めまいに聴力低下を伴う場合として「聴神経腫瘍」があります。また、脳内に巨大な脳腫瘍が存在する場合や、小脳や内耳を栄養している椎骨脳底動脈が動脈硬化により狭窄(細くなっている)し慢性的な循環不全に陥っている場合もあります。まず、中枢神経系の疾患を除外するためMRIやCTで精査をおこなうことを当院ではすすめています。
めまい感、浮遊感などでお困りの方は当院へ一度ご相談ください。